障がい者の誰もが、楽しく生きがいをもって集える居場所つくりを

第12回作業所土佐まつり

2012/10/31 水曜日

今年で12回目となる作業所土佐まつりが10月28日(日)に生活介護事業所「ひまわり舎」で開催されました。

今回の作業所土佐まつりは、装いも新たにリニューアルした「ひまわり舎」のお披露目と地域の皆様との交流を兼ね、「スペシャルサンクス」というテーマで地域の皆様や高知リハビリ専門学校の学生ボランティアのご協力により盛大に開催することができました。

午前10時30分から「ひまわり舎」において行われた開会のセレモニーでは、山本君の元気な開会宣言の後、土佐福祉会理事長である清滝寺伊東聖隆御住職の挨拶、作業所土佐の仲間たちによる歓迎のコーラスが行われました。

その後、フォルクローレグループ「los tomates(ロス・トマテス)」によるアンデス音楽の素晴らしい演奏が続き、聴衆を魅了しました。

名前の「ロス・トマテス」とは、トマト達という意味だそうで、高知のおいしいトマトをイメージしてネーミングされたそうです。
グループの衣装もトマトをイメージした真っ赤なポンチョ。
この「ロス・トマテス」は、高知でケーナ、オカリナなどを演奏し製作し教えている大目真壱(おおめしんいち)さんとそのお弟子さんのグループです。

大目さんは武蔵野美術大学短大部に在学中、陶芸家を目指し作品作りに励むなか、オカリナ(土笛)など手作り楽器の制作や演奏活動を始め、ペルー人のミュージシャンと出会い共演するうちに、アンデス音楽の魅力にひかれ、本場の音楽を直に学びたいとペルー・ボリビアに遊学。現在、古代笛・オカリナ・ケーナ・サンポーニャの演奏家として様々なユニットで活躍されています。

サンポーニャとはスペイン語でパンパイプのこと。長さの違う葦や竹の笛を2列に束ねた管楽器で、下端は節でふさがっており、ビンの口を吹くのと同じ原理で音が出ます。

ケーナはアンデスのフォルクローレ演奏に用いられる楽器の中で、もっとも有名な管楽器です。葦や竹で作られたリードのない縦笛で、表側に6つ、裏側に1つの指孔があけられています。日本にも似たような楽器で尺八がありますが、このケーナはフルートのような音が出ます。

チャランゴはアルマジロの甲羅を共鳴胴にして作られた撥弦楽器で、2本ずつ5組の複弦が張ってあり、小型のため高い音が出ます。現在では木製のものが使われています。

ボンボは太い木をくりぬいたり、板を張り合わせて円筒にしたものに山羊や羊、牛などの皮が張ってある太鼓のような楽器です。肩から吊るして2本のバチで演奏するのが一般的だそうです。

チャフチャスは山羊や羊の爪を縦にたくさん結び付けてあり、手で振って音を出す。独特の雰囲気を醸し出す打楽器の一種だそうです。

今回の演奏では、アンデスの民謡からはじまりディアブラーダ、コンドルは飛んで行くなど、とっても素敵で心躍る曲を1時間に渡って演奏していただきました。
作業所の仲間たちも、躍動する素晴らしい演奏に思わず体が動き出し、その場でリズムをとるものやステージに上がってダンスを踊る仲間もいました。

「ひまわり舎」の外の駐車場では、バザーが行われ、やきそば、おにぎり、おでん、炊き込みご飯、ロコモコ丼や「ひまわり舎」の仲間たちが作ったビーズ作品や「ふれあい工房」の仲間たちが作った「さをり織り」や「紙布織り」、「おからクッキー」などが販売されました。

ロコモコ丼は、ご飯の上に煮込みハンバーグと目玉焼き、サラダが乗ったハワイ料理のひとつ。大人気のこの商品。普段は「ふれあい工房」の喫茶で提供していますので、食べそこねた方は是非食べに来てください。

「ふれあい工房」のシェフで野菜ソムリエの渡邊さんが作った、生姜を黒砂糖で煮込んだ特性佃煮「生姜黒糖煮」と鰹節と生姜で作った「鰹生姜」。
ピリ辛でご飯にとても合います。美味しくて箸がとまりませんよ。

「ロス・トマテス」の美しい音楽を聴き、美味しい料理でお腹を一杯にした後、おでん片手にヨーヨー釣りや仲間たちの作った商品や野菜を物色していると、「ひまわり舎」に集まった作業所土佐の仲間たちによるコーラスが始まりました。
肩を組み、体でリズムをとって、みんな楽しそうです。

そして、作業所土佐祭りもいよいよフィナーレへ。
山口前施設長と土佐福祉会を支援する会会長片山氏のお礼の言葉に続き、午後1時から始まったお餅投げ。

最初は、仲間たちと小学生以下の子供だけを集め、「ひまわり舎」1階から怪我をしないようにやさしくお餅をフワッと投げます。
なんせ、この餅投げに使用するお餅。結構大きいのです。当たれば痛い。



1階での餅投げが終わった後、大人向けに、投げる場所を「ひまわり舎」2階のベランダに移し、お餅を遠くまで投げます。
地域の皆さんも沢山集まって、盛大に餅投げが行われました。

最後に、作業所土佐の仲間たちより、参加していただいた地域の皆様や保護者の皆様に感謝のことばを述べ、盛会の内に終えることができました。

ご協力を頂いた地域の皆様、無事催しを終えることができました。ありがとうございました。これからも地域にさらに根づいた活動をしていきたいと思います。ご支援のほどよろしくお願いいたします。


カテゴリー: 作業所土佐  タグ:  

トップページ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのTOPへ