障がい者の誰もが、楽しく生きがいをもって集える居場所つくりを

ふれあいフェスタ2012 in TOSA City

2012/11/6 火曜日

ふれあいフェスタ201211月4日の日曜日「ふれあいフェスタ」が高知リハビリテーション学園を会場にして、盛大に開催されました。

土佐の地産地消・食のゾーンにおいては、今年も作業所土佐から「ふれあい工房」が出店しました。隣のブースは土佐の野菜ソムリエのお店。各ブースでは地元の野菜や料理の提供、高知海洋高校による水産加工品の販売などがおこなわれ、遠くからは北海道江別市の物産市がありました。


ふれあい工房出展1ふれあい工房出展2ふれあい工房出展3


ふれあい工房では、定番のロコモコ丼と野菜スープ、綿菓子の実演販売、作業所土佐の仲間たちが作ったアクセサリーやおからクッキーなどのお菓子の販売などを行いました。

メインステージメインステージでは、オープンニングセレモニーの後、「山の手保育園児の踊り」や「おじいちゃんおばあちゃんの知恵袋発表会」「よさこい踊り」「キッズエアロビクス」「どいさんのバルーン&マジックショー」「ベリーダンス」「レディースアームレスリング大会」「環境ポスター表彰式」来年行われる「ねんりんピック」のPRや、午前と午後の2回に分けて行われた「餅投げ」などが行われました。

校舎内では、生涯学習ゾーンがあり、2階の各教室に設置したブースでは「おもちゃ作り」「小物作り」「押し花教室」「男女共同参画啓発パネル展」、1階のフロアでは子供たちが作った「人権ポスター」の展示などが行われていました。

体育館では、健康まつりゾーンとして、骨密度、血糖値、肺機能、体力測定などが行われ、歯科検診や手話の体験コーナーなどがありました。

特設会場では「みんな大好き!はたらく乗り物大集合」として救急車や消防車などの特殊車両が展示してあり、触ったり乗ったり、消防隊の人達といっしょに記念写真をとったりと、子供たちでにぎわっていました。


カテゴリー: 作業所土佐  タグ:  

トップページ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのTOPへ