障がい者の誰もが、楽しく生きがいをもって集える居場所つくりを

土佐市の仕事やってみ隊 in 土佐ふれあい工房

2012/12/14 金曜日

土佐市商工会主催。
土佐市の仕事やってみ隊。土佐市の小学生が地元で作られている
クッキーやケーキを自分たちで作って体験するという企画。
土佐ふれあい工房にお話しをいただきました。テーマは「パン」
しかも制限時間が2時間。パンはこねて、発酵、成形、二次発酵という手順があるので、時間に間に合うかなぁという課題がありました。

スタッフのWさんから発酵させないパンがあるとレシピを持ってきて、試作開始。豆腐を入れてみたり、
何度も試作を繰り返して、短時間で出来てしかもおいしい発酵させないパンが完成。

10名の土佐市の小学生が集まりました。 土佐市商工会の方。保護者の方。
よさこいケーブルネットさんが見守る中、始まりました。

さすが、女の子は手際がよく、とても繊細。男の子は慣れない手つきでしたが、
どの子も一生懸命。

キティちゃんのパンやらおもしろい形のパンがあったり、焼きあがりが楽しみです。

大きさも形もまちまちでしたが、とても美味しそうに焼きあがりました。
焼き待ちの間に土佐ふれあい工房でいつも作っているチョコチップクッキーの袋詰めからパウチ、シール張りといった
商品作りをしました。初めての経験にとても真剣に取り組んでおりました。(^v^)

出来上がったパンをお皿に盛って、自分たちでグラスに氷を入れてカルピスを作り、接客の体験。
かわいい声で「いらっしゃいませ~。おまたせいたしました~」
恥ずかしそうに接客をしていました。
すべての工程が終わった後、書いてもらったアンケートにとても楽しかったとみんな書いてくれていましたのでとても嬉しかったです。
子供たちが職場体験で来てくれたおかげで、店側も子供たちに学ぶことが多々ありました。
機会を下さった土佐市商工会の今城さんをはじめ商工会の方々に感謝いたします。有難うございました。


カテゴリー: ふれあい工房1階  

トップページ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのTOPへ