障がい者の誰もが、楽しく生きがいをもって集える居場所つくりを

土佐市消防本部の餅つき2012

2012/12/17 月曜日

 土佐市消防本部の餅つきが12月8日に開催され、今年も土佐福祉会の仲間たちが参加させていただきました。
例年ですと土佐市消防本部裏手の屋外駐車場にて実施されているのですが、朝からの小雨により、普段はレスキュー車両を停めている駐車場にて実施されました。

もちつき大会1 今回は30Kgのもち米が使用されました。このもち米は釜に8分目程度の水を入れ沸騰させ、セイロにサラシなどの目の粗く、蒸気を通しやすい布を敷き、その上にもち米を移して最大火力で蒸します。
 蒸し上がるのは約30~40分程度。手にとり弾力がでてきて透き通ってきたら準備OKです。

もちつき大会2 蒸しあがったもち米を石臼に移して冷めないうちにつきます。
 杵は振り回さず、上から杵の重さで落とすようにつきます。
 まんべんなくつぶがなくなるよう、返し手を入れながら、リズムよくついていきます。返し手はタイミングを見て、もちを折りたたむように臼の真ん中に集めます。その際に自分の手までつかれないように、かなりドキドキしながら返し手を入れます。つぶがなくなり、なめらかになったらつきあがりです。
 なんせ、お餅をつく作業は大変な重労働。土佐福祉会の仲間たちも寒さに負けず、代わる代わるに頑張ってお餅をつきました。

 つきたてのお餅は冷めないうちに餡子を入れたり、きな粉をまぶして整えます。
 出来上がったお餅は消防署の方々とおいしくいただきました。

もちつき大会9もちつき大会6もちつき大会7

 消防署の方々と一緒に餅つきをしながら、今年も盛会のうち終わりとなりました。

 土佐市消防本部の皆様、本当にありがとうございました。


カテゴリー: 作業所土佐  タグ:  

トップページ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのTOPへ